イケアの最新家具カタログ:イケア船橋とイケア港北の新着家具情報など、イケアに関する情報をお届けしています。

イケアの最新家具カタログ

イケア船橋とイケア港北の新着家具情報など、イケアに関する情報をお届けしています。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-

イケアについて

イケア家具の紹介はこちら≫ イケアの家具1 イケアの家具2

  ■ イケアの基本情報 ■
 ≫ イケアとは
 ≫ イケアの由来
 ≫ 日本におけるイケアの歴史
 ≫ イケアの積極的な環境対策
 ≫ イケア開店時の騒動
 ≫ イケアファミリークラブの特典
 ≫ イケア港北店 開店1ヶ月で100万人
 ≫ イケアの家具を通販
  ■ イケアの特徴 ■
 ≫ イケア家具のデザインと特徴
 ≫ イケアのこだわり
 ≫ イケアの家具が安い理由
 ≫ イケアの子供連れへの配慮
 ■ イケアの店舗情報 ■
 ≫ イケア船橋店(千葉)     
 ≫ イケア港北店(横浜)
 ≫ イケア神戸店(未定)
  ■ 北欧家具について ■
 ≫ 北欧家具とは      
 ≫ 北欧家具の特徴      
 ≫ 北欧家具のニーズと価格
 ≫ 北欧家具の魅力
 ≫ リンク集
イケアの基本情報

イケア港北店開店1ヶ月で100万人

スェーデン家具大手のイケア港北店(横浜市港北区)は10月16日、
来店客100万人を達成しました。
イケア港北店は、9月15日に国内2番目の店舗としてオープンし、
初日4万1000人、2日目4万9000人、3日目5万100人を記録。
その後、平日平均3万人、土曜・日曜日は4万〜5万人が来客し、
開店から1カ月で100万人を達成となりました。
100万人目は、横浜市港南区から来た西城幸子さん(33)で、
2万5000円分相当のギフト券が記念に贈られたとのことです。

イケア港北店の開店からたったの1ヶ月で100万人の来場者ということで、
いかに注目されていて、人気があるのかが分かりますね。


イケアの基本情報

イケアファミリークラブの特典

イケアには、『イケアファミリークラブ
という入会金・年会費無料のメンバーカードがあります。

イケアのメンバーになると、当然さまざまな特典が得られます。
イケアの家具が好きなら、入会して損はありません。



イケアファミリークラブの特典

1、イケアのセレクト商品を割引価格で購入できる
2、イケアスタッフによる、楽しくためになるセミナーに参加できる
3、『IKEA FAMILY LIVE (イケアファミリーライブ)』という会報誌が送られてくる
4、メンバー限定のお得な情報


入会費・年会費無料で、これだけの特典が用意されています。

入会申込みは、イケアのホームページ、もしくはイケアの店頭で手続きができます。

ちなみに、メンバーズカードにクレジットカード機能はありませんので、
安心ですね。

イケアが好きな方は、入会を検討しましょう。
イケアの基本情報

イケア開店時の騒動

イケアは非常に大規模、かつ格安を売りにしている
ファニチャーショップということもあって、
常に新規オープンに伴っての店舗来場者の殺到が見られ、
今までに何度も混乱や問題に見舞われています。

2005年2月のイギリス、エドモントン店オープン時には、
特売品を多く告知した結果、深夜オープンにもかかわらず、
7000人もの来場者が殺到し、商品を奪い合って乱闘騒ぎに発展してしまいました。

上海店オープン時には一日で実に8万人が押し寄せるなど、
騒動の規模も大きなものとなっている。

日本におけるイケア船橋店オープン時も、万全を期して月曜日平日のオープン、
特売品は設けない、という体制で挑んだが、来場者が殺到しました。
近隣にららぽーと、船橋競馬場、船橋オートレース場等を抱えているため、
渋滞を引き起こしやすい道路事情も加わり、
週末、休日には入店までに数時間を要し、
閉店から3時間後でもすべての車が出庫できないなどの事態となりました。

イケアの基本情報

イケアの積極的な環境対策

イケアは、家具の材料に木材を多く使うことから、
森林伐採対策やリサイクルなどの環境対策に対して非常に関心が高い企業です。
まだ環境問題が強く問題とされていなかった、
1980年代から積極的に環境対策に取り組んでいます。

合板に対するホルムアルデヒド放出量の厳格化や、
熱帯雨林伐採の木材を使わず、植林によって生み出された木材を使う、
あるいは家具などの梱包に使用する各種梱包材や、
家具そのもののリサイクルなどの活動を続けています。

その一環として、2002年にはイケア鉄道(IKEA Rail)を設立しました。
スウェーデン、デンマーク、ドイツで、貨物列車の運行を行っています。

これはイケアが製品などを各地に配送する際、
トラック輸送に伴う環境負荷を軽減するために、
用意した自前の鉄道です。

渋滞による遅延も無く、輸送コストとしても安く、
また環境負荷も少ないということで、
一日あたり50台のトラック輸送を撤廃できています。

今後、ポーランド、イタリア、ベルギーなどへも
線路網を伸ばしてゆくことが計画されています。
イケアの基本情報

日本におけるイケアの歴史

日本においては1974年に、
大阪の湯川家具と東急百貨店の合弁会社が代理店を設立して
「イケアタウン六甲」(現サザンモール六甲)などで家具販売を行っており、
東京においても青山さるん(現ACTUS)が母体となり、
千葉県船橋市のららぽーとなどに「イケア船橋」の名称で家具店を出店していました。

しかし、当時はイケアの主流であった“組み立て式の家具”が
日本では一般的ではなく、また不良品の発生率などで顧客離れが発生して、
1986年に撤退を余儀なくされました。(一部店舗は現在もACTUSなどとして存続)

その後、2001年に日本再進出を決定し、
2002年7月に日本法人「イケア・ジャパン」を設立。

再進出一号店が「イケア船橋」となり、2006年4月24日に千葉県船橋市にあった
屋内スキー場の跡地の一部を利用してオープンとなりました。
イケアストアオープンの恒例になっている
テープカットの替わりの「丸太カット」も行われました。

次に、神奈川県横浜市都筑区のヤナセ横浜跡地を利用して、
二号店「イケア港北」が2006年9月15日にオープンしました。

三号店は兵庫県神戸市の神戸ポートピアランド跡地を利用して、
2008年夏の出店を目指して進行中となっています。


イケアの基本情報

イケアの由来

イケア(IKEA)とは、
イングヴァル・カンプラードのイニシャルのI・K(Ingvar Kamprad)に
彼が育ったエルムタリッド農場(Elmtaryd)があるアグナリッドの町(Agunnaryd)の
頭文字をつなげ合わせたものです。

日本、ドイツではIKEAは「イケア」と読みます。
アメリカやオーストラリアなどでは「アイキア」。
オランダなどでは「オイキア」等と発音しています。
なお、上海では「宜家家居」とIKEAを表記しています。
イケアの基本情報

イケアとは?

イケア(IKEA)とは、
スウェーデンの大手家具店です。

現在はオランダ南部の都市ライデンを本拠地とする
財団法人スティヒティング・インカ・ファウンデーションが
イケアグループ全体の親会社であるインカ・ホールディングを所有する
形になっています。

製造部門の子会社であるスウェドウッド、
サービス部門を統括するイケアサービス、
デザインや商品企画などを担当するイケア・オブ・スウェーデンなどなど、
各国の販売チャンネルなど多くの子会社を抱え、
イケアグループ」と呼称される企業体を形作っています。


イケアの基本情報

イケアの最新家具カタログ